〜大阪で脂肪吸引を受けたい人は読んでください〜

大阪のNo.1クリニックはコチラ

サイトマップ

ボディジェット・ウォータージェット

【ボディジェット/ウォータージェットのメリット】

  • 脂肪周辺の組織へのダメージが最小限
  • 痛みや腫れ、むくみが少ない
  • 脂肪吸引のムラを抑えられる
  • スムーズに吸いだせるのでかかる時間が少ない
  • 部分麻酔での手術も可能

【ボディジェット/ウォータージェットのデメリット】

  • 信頼性の高い手術法だが、ドクターの腕次第では失敗の可能性もある

負担の少ない脂肪吸引、ボディジェット&ウォータージェット

ボディジェット法とは、身体に挿入するカニューレの先から麻酔効果や止血効果のある薬剤を含む脂肪溶解液をジェット噴射して、脂肪細胞を他の組織(筋肉層など)から分離して吸引する方法です。

脂肪層と筋肉層の間に水の隙間(ウォーターポケット)を作るので、他の組織へのダメージが最小限に抑えられるのが最大の特徴。

従来よりも身体の負担が少なく、施術中の痛みもほとんど感じません。さらに傷口が小さく済むので出血もすくなくなり、回復が早いと言われています。そのため部分麻酔で施術を行うクリニックもあるようです。また、凸凹としたムラも抑えることができるので、仕上がりがとてもキレイなのも特徴です。

クリニックによっては、「ウォータージェットアシスト脂肪吸引」とか「ウォータージェット」と呼ばれることもありますが、どれも“水流の力”による脂肪吸引となります。

ボディジェットは今までの脂肪吸引法のデメリットを、すべて克服したような手術方法です。そのためデメリットは限りなく少なく、あとは選んだドクターの技術が大きく関わってくるようです。

手術費用の目安

1部位で8~30万円、お腹全体で40~80万円程度、太もも両脚で40~80万円程度

ダウンタイム期間

脂肪部位や吸引量によって異なるが、筋肉痛のような痛みが3日~1週間程度、内出血はほとんどないが2~3週間かかる場合もあり。